ZOONEWS BLOG

日本国内の動物園や水族館に関連するニュースを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近のニュース No.1879-2

水族館編です。

【出産・誕生】
八景島シーパラダイスでオウサマペンギンのヒナ誕生

名古屋港水族館でジェンツーペンギンのヒナ誕生

城崎マリンワールドでカミナリイカの赤ちゃん誕生


【新展示・移動】
太地町立くじらの博物館、体色の大部分が白いハナゴンドウ来館

太地町立くじらの博物館、全身が真っ白なハナゴンドウ来館
 ということで白いバンドウイルカがいた同館に、さらに白いハナゴンドウが一挙に2頭も来館するという衝撃の事態に。現在は2頭とも非公開です。

鴨川シーワールド、千葉県内で保護のトド展示
 「サチ」という愛称もつきました!

しまね海洋館アクアスと男鹿水族館GAO、ペンギンの個体交換
 ジェンツーペンギンの個体交換ほか、男鹿からしまねへイワトビペンギン2羽も移動。

虹の森公園おさかな館、オオサンショウウオ搬出
 アクアマリンふくしまへ。

名古屋港水族館、マダラエイ、カスミチョウチョウウオなど来館

アクアマリンふくしまでサヨリ展示

新江ノ島水族館でワカサギ展示
 意外にも同館では初展示とのこと。

須磨海浜水族園でオオウナギ展示

八景島シーパラダイスでヒカリキンメダイ展示

男鹿水族館GAO、魚いろいろ展示
 ハタタテヒメ、ルリハタ、アオダイ、ソマリトラギスとマニア向けのラインナップ!

和歌山県立自然博物館でクロコショウダイの幼魚展示
 幼魚はあまり見ない気がします。

魚津水族館、ブリ、ヒラマサ、カンパチ来館

東海大学海洋科学博物館でコバンザメの幼魚展示

アクアマリンふくしま、マイワシ来館

沼津港深海水族館、ミズウオ展示されるもまもなく死亡

沼津港深海水族館、ホテイエソ来館するもまもなく死亡
 ミズウオ、ホテイウオとも生きたまま搬入されること自体かなり珍しいです。

魚津水族館、ベンテンウオ来館
 これまたレアな深海魚。捕獲時は生きていたらしい!

美ら海水族館でゴシキエビ展示

三津シーパラダイスでサクラエビ展示
 飼育の難しい動物。ご覧になる方はお早めに。

串本海中公園センターで白っぽいイセエビ展示
 白っぽいそうです。

鳥羽水族館、ゾウリエビのニスト幼生来館

かごしま水族館でカラッパの仲間4種展示
 ヤマトカラッパ、メガネカラッパ、マルソデカラッパ、ヤマトカラッパの4種類。

鳥羽水族館でイボイソバナガニ展示

沼津港深海水族館でトラフシャコ展示

名古屋港水族館でメリベウミウシの一種展示

新江ノ島水族館でアメフラシ展示
 「顔がウマヅラコウモリのようで恰好良い」そのたとえは通じるのでしょうか…!

アクアマリンふくしまでオオグチボヤとセンジュナマコ展示
 深海性のナマコとして有名なセンジュナマコ! これはすごいです。

マリンワールド海の中道で小さなイトマキヒトデ展示
 これ、チビイトマキヒトデとかだったりしないのでしょうか。

美ら海水族館でムチカラマツとウミシダの仲間展示

海遊館でヒトツクラゲ展示


【特設展・限定展示】
アクアワールド大洗で特設展「ふらふら ぷらぷら プランクトン」(来年1/17~5/10)
 「3Dプリンターで制作した有孔虫の模型」気になる…!

かごしま水族館で特設展「かごしまの造礁サンゴ」(12/20~来年4/5)

宍道湖自然観ゴビウスで特設展「食卓のエビ・カニたち」(12/20~来年2/2)

番匠おさかな館で特設展「グッピー・カラフルポップ」(12/23~来年3/8)

新宮島水族館みやじマリンで特設展「合格祈願 水族館」(12/13~来年2/8)

滋賀県立琵琶湖博物館、水族トピック展示「旬の魚たち:アメノウオ(ビワマス)」(12/2~12/14)
 期間延長?

美ら海水族館、クリスマス水槽設置(12/5~12/25)

しながわ水族館、クリスマス水槽設置(12/3~12/25)

新江ノ島水族館、12月テーマ水槽「クリスマス キリストと生き物たち」

名古屋港水族館、発見の玉手箱・Discovery Tank 12月「羊の頭をかぶったベラ?コブダイ」
 英名がSheepshead。干支展示ですね~。

富士湧水の里水族館、12月のマンスリー水槽「クリスマス」「雪」

志摩マリンランドで干支展(12/11~来年2/1)
 ヒメジの仲間などを展示。

新江ノ島水族館で干支展(12/1~12/25)

サンシャイン水族館で干支展(12/27~来年1/12)

和歌山県立自然博物館で「産卵回遊中の銀ウナギ」展示(12/3.~12/28)
 種としてはニホンウナギ、海で産卵場所に向かうため回遊中の個体は体が銀色に輝くのです。これは珍しいですね。

上越市立水族博物館でマッコウタコイカの標本展示(~来年2/1)
 イカの仲間ですが腕が8本しかない。なので「タコイカ」です。


【新施設・リニューアル】
千歳サケのふるさと館、リニューアルのため休館
 12/1より来夏までお休み、「サケのふるさと 千歳水族館」としてリニューアルオープン予定です。


【訃報】
アクアワールド大洗、ラッコの「トニー」死亡
 合掌。

浅虫水族館、カリフォルニアアシカの「ヨン」死亡

下田海中水族館、11/21誕生のバンドウイルカの赤ちゃん死亡


【その他いろいろ】
串本海中公園センター、機関誌「マリンパビリオン」11月号(要Acrobat Reader)

二見シーパラダイス、飼育係の落書帳「復活!!」
 二見名物ミナミゾウアザラシの記事が久々に(現在は飼育してません)。オスでかい!

二見シーパラダイス、飼育係の落書帳「ノコギリおばあちゃん」
 二見名物のもうひとつ、長寿ノコギリエイのお話。

海遊館日記「『青と赤』と『オスとメス』」
 なので「ターミナルフェイズ/イニシャルフェイズ」とか「雄型/雌型」と呼ばれたりしますが、割とどれも知らない人には分かりにくい気がします。難しい…。

鳥羽水族館、飼育日記「ガザミフジツボ」
 マナティーフジツボ!

東京ズーネット、「じつはナマコは骨のあるヤツ!?」
 イカリナマコの和名の由来ですね。

鳥羽水族館、飼育日記「棘皮動物研究集会に参加してきました」
 プロのキョクヒャーの皆さま(?)。

アクアワールド大洗、スタッフブログ「飛行訓練が行われました。」
 津波被害を想定した日本赤十字社による訓練。生物搬送にも支援してもらえるというJAZAとの協定があるというのは知らなかった。

名古屋港水族館と大分マリーンパレス水族館・うみたまご、交流に関する覚書を締結

第48回各務原市社会福祉大会において「アクア・トト ぎふボランティア」表彰
 おめでとうございます! 最近は各地の園館でも、ボランティアの方の活躍ぶりが目立ちますね。
  1. 2014/12/10(水) 06:03:58|
  2. 動物園・水族館ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最近のニュース No.1879-1 | ホーム | 最近のニュース No.1878-1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xenopus.blog26.fc2.com/tb.php/1958-5a66068e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。