ZOONEWS BLOG

日本国内の動物園や水族館に関連するニュースを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近のニュース No.1884

【出産・誕生】
ズーラシアでボルネオオランウータンの赤ちゃん誕生(要Acrobat Reader)
 同園初の誕生。ズーラシア、今年はスマトラトラにオランウータンと、開園以来初の大物誕生に湧いています。おめでとうございます!

・(続報)白浜アドベンチャーワールド、ジャイアントパンダの赤ちゃん公開へ(12/19~)
 時間が決まっているのでご注意。

東武動物公園でカピバラの赤ちゃん誕生

草津熱帯圏でカピバラの赤ちゃん誕生

到津の森公園でカイウサギの赤ちゃん誕生

わんぱーくこうちアニマルランドでカラスバトのヒナ誕生

宮崎市フェニックス自然動物園でケープペンギンのヒナ誕生
 これも同園では初のふ化となります。おめでとうございます!

二見シーパラダイスでケープペンギンのヒナ誕生

かみね動物園でアオダイショウの赤ちゃん誕生
 こちらもかみねで初の誕生だそう。


【新展示・移動】
神戸どうぶつ王国、カピバラの「あっくん」「メイ」「はづき」搬出

富士花鳥園、メンフクロウとワシミミズク来園
 多摩との動物交換だそう。向こうには何が行ったのかな。

浅虫水族館でハタハタ展示

サンシャイン水族館でカミナリイカ展示
 コブシメと交替。

海遊館でサナダミズヒキガニ展示

鳥羽水族館で2色のイセエビと白いマナマコ展示

鳥羽水族館、セノテヅルモヅル来館

・(音注意)三津シーパラダイスでサビキウリクラゲ展示


【特設展・限定展示】
富士湧水の里水族館で特設展「金魚・錦鯉展」

名古屋港水族館、クリスマス水槽設置(~12/25)

のとじま水族館、クリスマス水槽設置(~12/25)

須磨海浜水族園で干支展(12/20~来年1/18)
 群れを作るヒツジの性質にちなんだ魚を展示。

しものせき水族館・海響館で干支展(12/26~来年1/4)

宮崎市フェニックス自然動物園でカヤネズミ展示(12/25~30、来年1/1~1/6)


【新施設・リニューアル】
レッサーパンダの家をイメージ 鯖江市が西山動物園を拡張へ


【命名】
円山動物園、コツメカワウソの赤ちゃん命名
 「かしわ」「よもぎ」「わらび」「ずんだ」。もち。


【訃報】
のいち動物公園、セーブルアンテロープの「カリル」死亡
 この種も日本からは消えゆくことになるのでしょうか。合掌。

浅虫水族館、バンドウイルカの「ホクト」死亡

茶臼山動物園、ロバの「クミちゃん」死亡

アクア・トトぎふ、カピバラの「やまちゃん」死亡

あわしまマリンパーク、ミツクリザメ死亡


【その他いろいろ】
天王寺動物園、ZOO×ZAQスタッフブログ「見づらい小窓」
 「無駄な労力と時間でしょうか?いいえ、動物のために無駄なことに労力を費やすことが私たちの本分です」。

平川動物公園スタッフブログ「ゾウ会議&ペンギン会議に参加してきました!」

アクアマリンふくしま、Facebook「ユーラシアカワウソの性別について」
 間違いを訂正。

のげやま 動物トピックス「レッサーパンダの冬の味覚は?」
 あれ、個人的にはあんまり美味しそうに見えないのですよね(笑)。

しものせき水族館・海響館、お魚探検隊「絶滅危惧になったフグ」
 ナガレモヨウフグってのを初めて知ったので。

大宮公園小動物園、動物日誌「カピバラ」
 本土栽培用のサトウキビがあるなんて知らなかったので。

トキ、一般公開を検討へ…出雲市が来年度から

環境省:平成26年度 第1回動植物園等公的機能推進方策のあり方検討会の開催について(お知らせ)


【番外】
アジアゾウとの直接の触れ合い、シンガポール動物園が1月から中止
 「飼育員の安全、および感情的に人間に近い象の性質を考慮」。

サンディエゴ動物園で絶滅危機のキタシロサイ死ぬ、残り世界で5頭のみ
  1. 2014/12/19(金) 00:25:52|
  2. 動物園・水族館ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<最近のニュース No.1885 | ホーム | 最近のニュース No.1883>>

コメント

オランウータン

実にめでたい!ただバレンタインはこれからも、ずっと「産みの母」のままなのでしょうか。とはいえ、国内では超貴重な非ジプシー系の赤ちゃん。無事に育ってくれますように!
  1. 2014/12/19(金) 13:03:36 |
  2. URL |
  3. kazz #-
  4. [ 編集]

kazzさん、コメントありがとうございます!
(お返事が遅れてすみません…)

京都のゴリラ「ゲンタロウ」のような例もありますが、
人工哺育の子を親に戻すのは、一般的には
なかなか難しいかもしれません。
まずは元気に育ってもらうのが一番ですが、
悩ましいところですね。
  1. 2014/12/22(月) 01:08:55 |
  2. URL |
  3. ぜのぱす(管理人) #usHp5G.Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xenopus.blog26.fc2.com/tb.php/1964-06b46d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。